考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

古猗園 2008年12月20日更新

古猗園
【和:こいえん
【中:Gu yi yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>古猗園

明の嘉靖年間(1522-1566年)に造られた私家花園で、もとは奇園と呼ばれていた。この園は上海市嘉定区の南翔鎮にある有名な古典庭園で、園内に竹が生い茂り、亭、榭、楼閣、曲がりくねった小道、回廊、築山、池、珍しい樹木、花があり、景色が非常に美しい。
園内には「戯鵝池」を中心に、池の周りに亭、回廊、榭、石道があり、配置が精巧を極めている。このほかに、一対の雲翔寺聴塔があり、1400余年の歴史を有しており、上海に現存する最古の搭の一つで、「双塔晴霞」はかつて有名な「南翔八景」の一つであった。
園内に逸野堂、戯鵝池、松鶴園、青清園、鴛鴦湖、南翔壁などがある。古めかしく質朴かつ高雅で、洗練された独特の庭園風格をそなえ、昔から「蘇州庭園、天下に甲たり、滬(上海)に南翔古猗園あり」と言われている。
□観光サービス 交通:517、562、822路のバス、北嘉線、観光バス、中華中型バス、申浦中型バス、虎南線を利用。
電話:8621-59122225
開放時間:06:00~18:00
出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.