考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

拙政園 2008年12月20日更新

拙政園
【和:せっせいえん
【中:Zhuo zheng yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>拙政園

拙政園は蘇州最大の古典庭園、中国の四大名園の一つ。蘇州古城の東北隅に位置し、明の正徳4年(1509年)に造営され、御史王献巨が官職を解かれ古里に戻つて造った庭園である。
全園は東、中、西の3部分に分けられ、南部は住まいで、前は家屋、後は庭園という配置になっており、蘇州の私家庭園の中で住宅と庭からなる典型である。地形に合わせて配置され、水を中心としているのが特色。
園内の東部には池のまわりに古木・花草が生い茂つている。園内の主要建物に蘭雪堂、天泉亭、放眼亭(別名補拙亭)などがある。中部には長廊があり、亭と間が巧妙に配置され、園の中に園があり、全国の粋となっている。「全国の冠」といわれる遠香亭、拙政園の主要な景観とシンボルである香洲のほかに、蘇州庭園の中で唯一の廊橋――小飛虹がある。遠香堂の西側に「小滄浪」、「小飛虹」からなる水庭があり、東側には白壁が別館「枇杷園」を取り巻いている。遠香堂を出ると、ぱっと明るくなり、「見山楼」に登ると、園内の景色を一望のもとに見渡せる。西部は盆栽園で、蘇州風の盆栽が700余鉢置かれている。中部は「之」字形の池があり、池の東は曲がりくねった回廊が塀に沿つて水面に突き出し、その上を歩くと、水面を踏んでいるかのような感じがする。中部のもとの住宅は今では蘇州庭園博物館となり、園原、園史、園趣、園治の展示室4室が設けられ、2000余年の蘇州庭園の様相が展示されている。
拙政園は1997年12月、ユネスコの「世界文化遺産」に登録された。
□観光サービス
交通:遊1、遊2、遊5、2、3路のバスを利用。
電話:86512-67510286
開放時間:07:30~17:80
ホームベージ:www.zhuozhengyuanocom.cn
ロアドバイス
1、シーズンにはツツジ展、ハスの花展がそれぞれ催される。
2、拙政園の入り口で庭園の解説テープを借りることができる。
3、拙政園を出て西へ100mほど歩くと、太平天国の忠王府、蘇州博物館、蘇州庭園博物館があり、園林路に沿って100mほど行くと、獅子林、蘇州民俗博物館がある。
4、拙政園前の東北街と園林路に工芸品の店がずらりと並び、地元の特産品や蘇扇、蘇繍などを売っている。出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.