考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

留園 2008年12月20日更新

留園
【和:るえん
【中:Liu yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>留園

拙政園とともに有名で、中国の四大名園の一つ。明の万暦23年(1595年)に造られ、初めは東園と呼ばれ、明の大僕寺少卿の徐泰時の邸宅だった。その後、所有者が何度も変わり、幾度も改修、拡張が行われ、1876年、留園と改名された。敷地面積は3.3万㎡で、建築面積がその3分の1を占めている。全園は中、東、西、北の4区に分けられ、それぞれ景色が異なり、回廊でつながっている。
留園に入り、通路を抜けると、留園の18景の一つ「古木交柯」があり、古いコノテガシワとトウネズミモチの幹がくっつきあっている。この二種類の木はいずれも寒い時でもしぼまない植物で、これを見る人に不屈の性格、青春を感じさせる。 留園の中部はもとは寒碧山荘の上台で、真中は広い池、西と北は山、東、南に建物がある。気勢の壮大な築山は上を主とし、黄石を積み重ねたものである。 東部に多くの屋敷があり、庭は窓、円などで繋がっている。蘇州庭園の中で最もバラエティーに富んだ建築群である。主庁の無風仙館は楠木庁と称され、インテリアが精美で、家具調度が優雅である。庁の北には有名な冠雲峰があり、その高さは65m。これは宋代の花石綱の遺物で、江南庭園の中で最も高く大きな湖石である。
西部は大築山を主とし、土と石が揮然と一体化している。山の上にはカエデの木々が生い茂っている。至楽亭、舒嘯亭が木々の中に見え隠れしている。高所に登って遠くを眺めると、西郊外の景勝を見渡せる。 北部は田園風景が広がり、もとあった建物はすでに壊れ、今では竹、李、桃、アンズが多く植えられ、「又一村」などにはブドウ棚、 フジ棚が立てられている。留園は蘇州庭園の中で、建築の空間芸術の造園としてよく知られている。園は堂、回廊、壁、門などで空間を区切り、大小、曲直、明暗、高低などの変化を生かして対比的な空間色彩体系を形成させ、山水、花草、樹木とともに各庭を巧妙に結びつけている。留園は住み、遊ぶのに相応しいように山水が配置され、疎密の空間対比、独特な石峰の景観によって、江南庭園芸術の中のすばらしい庭園となっている。
1997年12月、留園はユネスコの「世界文化遣産」に登録された。
□観光サービス
交通:遊1、遊5などのバスを利用。
電話:86512-65337903
開放時間:07:30~17:00
ホームベージ:www.gardenly.com.cn 出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.