考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

環秀山荘 2008年12月21日更新

環秀山荘
【和:かんしゅうさんそう
【中:Huan xiu shan zhuang
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>環秀山荘

蘇州の景徳路の西区間にある有名な清の古典庭園で、今では蘇州刺繍研究所となり、江蘇省文化財に指定されている。
この古典庭園は敷地画積が約2000㎡で、築山と家屋の面積が全国面積の4分の3を占め、水画面積が4分の1を占めている。前は家屋、後は庭園という配置になっている。園は築山を主とし、山の麓に池の水が流れている。池の西側に楼と回廊がある。北西部は精巧な石壁で、北部に水に面した「補秋山房」、東北部に「半潭秋水――房山亭」がある。
築山は清の築山大家の戈裕良の手になるもので、嘉慶12年(1807年)前後に完成。蘇州庭園の中で最も優れた築山である。築山の主峰が南東部にそびえ、第この峰が北西部に立ち、池の水が二峰の間を流れている。主峰の高さは7.2m、谷は約12m、山道の長さは60余m。築山に崖の道、洞穴、谷川、石室、石道、奥深い谷、山の峰があり、それらが園内の景物と融合して、あたかも中国の山水画を見ているようで、蘇州の古典庭園の宝と言える。
1997年12月、環秀山荘はユネスコの「世界文化遣産」に登録された。
□観光サービス
交通:遊1、3、46、701路などのバスを利用。
電話:86512-65222415
開放時間:08:30~16:45
出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.