考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

滄浪亭 2008年12月21日更新

滄浪亭
【和:そうろうてい
【中:Cang lang ting
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>滄浪亭

蘇州庭園の中で現存する歴史の最も長い庭園。宋の慶暦4年(1044年)、詩人の蘇舜欽が建て、「滄浪亭記」を書いた。蘇州市市街区南の三元坊の付近にあり、蘇州の盤門水城から遠くない。面積は約1万㎡。園内に古木が高くそびえ、山石が重なり合い、典型的な「都市の山林」をなし、静寂なたたずまいをみせている。
宋の庭園建築芸術の代表格として、全体の配置が自然的で調和がとれ、設計が巧妙で、技法が優れている。園の内外が融合して一体となり、園外に水が曲がりくねりながら流れ、柳が風に揺れ、園内は山を主とし、門を入ると、黄石を主とする築山が目に入る。|山の上には木々が生い茂っている。全国の景色は簡潔、古風、素朴である。技法より自然の美を求め、ほとんどの建築物が山のぐるりにあり、滄浪亭は石を柱とし、 占めかしく素朴で、山のどっしりした姿と呼応している。
「五百名賢祠」は滄浪亭の主要建築物と人文景観の一つであり、滄浪亭の西北にあり、東に回廊を隔てて「明道堂」がある。祠は5部屋あり、南向きで、中央の3部屋の東、西、北の3壁に春秋時期から清代までの2500余年間の蘇州地区の賢者594人の石彫りの肖像画が掛けられている。真中には「作之師」3文字の扁額が掛かっている。
2000年11月、ユネスコの「世界文化遺産」に登録されている。
□観光サービス
交通:遊2、 遊4、 遊5、 1、 14、 28、 30、 51、 101、 102、 103、701路などのバスを利用。
電話:86512-65194875
開放時間:07:30~17:30
ホームペ‐ジ:www.szwsy.com
出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.