考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

怡園 2008年12月21日更新

怡園
【和:いえん
【中:Yi yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>怡園

蘇州市人民路にあり、蘇州庭園のなかでも最も新しく造営された古典庭園の一つ。清の末期の道台の顧文彬が造園したもので、『論語』の「兄弟怡怡(楽しむ、喜ぶの意味)」という句を借りて、怡園と名づけられた。
怡園は建造が遅く、蘇州の各庭園のよいところを取り入れているが、独自の特徴をも持っている。回廊を境として、東西2部分に分けられ、東部は明の尚書の呉寛の邸宅で、庭付き屋敷を主としている。西部は拙政園の中国を原型として造営され、山池を主景としている。また長い回廊の壁に刻よれている怡園法帖はいずれも歴代書家の珍品である。
□観光サービス
交通:遊1、 遊4、 1、 8、 9、 20、 21、 38、 46、 68、 101、 102、103路のバスを利用。
電話:86512-65155415
開放時間:07:30-24:00
ホームページ:wwwoszszl.com.cn
出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.