考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

芸圃 2008年12月21日更新

芸圃
【和:げいふ
【中:Yi pu
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>芸圃

蘇州市閶門内天庫前文衙弄5号にあり、明代に袁祖庚が造営し、最初は「酔頴堂」と呼ばれていた。明代の典型的な文人山水庭園である。風格が素朴で、明代の庭園の特徴が多く保存されている。配置が簡潔、開放的で、池を中心としている。博雅堂は主要建物で、池の南に築山があり、池のそばに湖石で築かれた絶壁があり、険しい山道がついている。 池の東にある乳魚亭は明代に建てられたもので、三方から水に囲まれ、古めかしく素朴で、亭の屋根の木造部材は明代の遺物である。池の西にある响月廊は南西の小さな庭の芹廬に通じ、円形の門がその他の景観と繋がっており、門をくぐると、浴鴎池がある。このような造園技法は蘇州庭園の中でただ一つの例である。庭に湖石や花草があり、園内で最も静寂なところとなっている。
2000年11月、ユネスコの「世界文化遺産」に登録された。
□観光サービス
交通:遊1路バスを利用。
電話:86512-67271614
開放時間:07:30-17:00
出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.