考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

退思園 2008年12月21日更新

退思園
【和:たいしえん
【中:Tui si yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>退思園

蘇州市街区のほかに、退思園、燕園、啓園、高義園などの古典庭園が郊外にある。なかでも蘇州南郊外同里鎮にある退思園が最も有名。
清の光緒11年(1885年)に造営され、「反省する心を常に持とう」との意味から名づけられた。任蘭生は、字は畹香、号は南雲。この園は、亭、台、楼、閣、回廊、坊、橋、榭、庁、堂、房、軒などがみなそろっており、その配置がユニークで、建物が水面に浮かんでいるかのようである。地形に制限され、園主がその裕福さを外に見せたくないため、建物の配置のきまりを打破し、縦方向を横方向に変え、西から東へと、西は住宅、中央は庭、東は園となっている。横方向の配置は独特の風格がある。「貼水園」とも称されている。 退思園は2000年11月にユネスコの「世界文化遺産」に登録された。
□観光サービス
交通:バスの北停留所、南停留所から乗り同里で下車、20、30分おきに運行。
電話:86512-63331140
開放時間:07:45~17:00
□アドバイス
1、同里で退思園見学通し券(80元)を購入することができる。
2、蘇州観光集散中心自由コース入場券(06:45~18:00 間隔25分)
A入場券十片道の乗車券(45元)
B入場券十往復乗車券(50元)出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.