考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

瞻園 2008年12月21日更新

瞻園
【和:せんえん
【中:Zhan yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>瞻園

南京に現存する歴史が最も長い庭園。秦淮河の畔の瞻園路にあり、明の初期に造られ、明の初期、大祖の朱元璋が功臣の徐達のために、呉王府の前に邸宅を建造し、「大功」という鳥居型の門を建てた。明代、ここは建国の功臣徐達の邸宅と花園だった。清代に乾隆帝が南方を行幸した時、ここに泊まり、「瞻園」の二字を親筆した。その後、乾隆帝はこの園を江寧藩台に贈り、藩台役所内の花園となった。
瞻園は昔から築山でよく知られており、全園の総面積は5000㎡で、築山がその半分近くを占めている。回廊も特色があり、南北に曲がりくねっている。門を入ると、「仙人峰」という珍しい石峰が目に入る。宋の徽宗年間の「花石綱」の遺物といわれている。
瞻園は歴史上破壊に遭ったが、何度も修繕がおこなわれ、もとの様相を基本的に保っている。今の瞻園は山水が美しく、独特の特色をもち、南京の有名な古典庭園の一つで、秦淮風景区における建築物、展覧、庭園を一体化させた観光地となっている。
□観光サービス
交通:2、 4、 7、 14、 16、 23、 26、 33、 35、 37、 40、 43、 47、49、 81、 301、 遊2、 遊4路のバスを利用。
電話:8625-52201849
開放時間:08:30~22:00出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.