考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

寄暢園 2008年12月22日更新

寄暢園
【和:きちょうえん
【中:Chi chang yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>寄暢園

秦国とも呼ばれている。無錫の恵山横街にあり、明の正徳年間(1506~1521年)に造営され、すぐれた造園技術と独特の風格でよく知られ、江南の有名な明代の庭園の一つ。秦氏の子孫が所有していたが、1952年、秦氏の後裔が国に寄贈した。
寄暢園は西は恵山に臨み、南は錫山に面し、環境が美しく、錫山の竜光塔を眺めることができ、恵山の泉水が園内をゆるやかに流れ、築山が恵山の一部に見え、中国の古典庭園の借景の好例と言える。「錦匯?」という池と池の面の築山を中心に、池の北東両側に亭、廊、庁、?がある。清の康熙、乾隆の2皇帝がそれぞれ江南を6回も巡幸し、そのたびに寄暢園を訪れたため、多くの題字やエピソードが残っている。
園内には古木が生い茂り、庭園と山水が自然に輝然一体となり、中国庭園の経典と称することができ、国家重点文化財に指定されている。かつての戦乱によって壊された凌虚閣、先月?、曲廊、臥芸堂なども2000年に修復され、文化的蓄積をいっそう豊かにし、もとからある庭園と一体となり、古代庭園の様相が再現され、芸術的魅力にあふれている。出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.