考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

薛家花園 2008年12月22日更新

薛家花園
【和:せっかかえん
【中:Xue jia hua yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>薛家花園

清の末期の著名な思想家、外交家、初期維新派の代表的人物・蒔福成の邸宅で、 1890年に工事が始まり、 1894年に完工した。敷地面積は2.1万㎡。建築風格が雄壮で、清の末期の西洋風の特徴をとり入れ、中国建築史上の空白を埋め、「江南第一豪壮な邸宅」といわれていた。2001年、国務院に全国重点文化財に指定された。
花園の平面配置が整然とし、機能が厳しく分けられ、邸宅は中、東、 西の3軸線に分かれ、 前部が狭く、後部が広く、 いくらか凸形を呈し、中軸線上に玄関ホール、轎(かご)ホール、正面ホール、後堂、回転楼、後花園が並び、東西軸線上に西洋式玉突き室、薛倉庁、対照庁、枇杷園、吟風軒、舞台、伝経楼、西花園が並んでいる。中央軸線の前には4中庭9部屋、内庭の回転楼11部屋があり、建築風格は中国と西洋を折衷したもので、中国に現存する規模最大の回転楼が「中華第一回転楼」と称されている。
薛家花園は、開放的に配置された庭式邸宅で、近代的民居と江南の造園芸術とが調和しており、廊、橋、楼、閣、山石が巧妙に配置され、たたずまいが典雅秀麗。花庁の舞台は庭付きで、魚を観賞し、茶を楽しむところとなっている。この水亭式舞合は国内ではめったに見られない。
規模が大きく、伝統を受け継ぐという基礎の上で西洋建築スタイルを吸収し、社会交際に適した開放的な庭園となっており、中国の近代社会への移行期の江南の大型邸宅で、歴史的価値、研究価値、観光価値を持っている。
□観光サービス
交通:27、31、40、68路のバスを利用。
電話:86510--2733829
開放時間:08:00~17:00出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.