考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

痩西湖 2008年12月22日更新

痩西湖
【和:そうせいこ
【中:Shou xi hu
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>痩西湖

国家重点風景区、国家AAAAクラス観光区である。揚州の西郊外にあり、もとは保障河と呼ばれていた。揚州の蜀岡山の水が運河に流れ込む自然の河道であり、清の康熙・乾隆時期に湖畔庭園となり、南方の秀麗さ、北方の壮大さを一体化させ、独特な情趣を持っていることでよく知られている。美しく曲線を描いた湖、巻石洞天、西園曲水、長堤春柳、四橋霧雨、徐園、小金山、釣魚台、五亭橋、鳧村、白塔、二十四橋景観区、石壁流淙などのみどころがあり、山水画のような天然の景色が展開される。
杭州の西湖と比べると、狭いという独特の美しさがある。湖の長さ4.3km、面積は30余万㎡。千百年以来、湖畔に白塔、五亭橋、二十四橋、月観、吹台(方亭)などが続々と建てられた。 五亭橋は痩西湖にまたがる石橋で、清の乾隆22年(1757年)に建てられ、高さ5.8m、長さ58m、幅18.6m。橋の上に5の亭が立ち、真ん中の亭が一番高く、南北側の2亭が対称的に立っている。五亭橋の構成が巧妙、造形がユニークで、揚州のシンボルとなっている。
□観光サービス
交通:遊1、遊2、 1、4、5、6、16、18路のバスを利用。
電話:86514-7342901
開放時間:07:30~18:00
□アドバイス
みどころは主に巻石洞天、長堤春柳、小金山、徐園、月観、吹台、白塔、五亭橋、二十四橋など。出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.