考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

个園 2008年12月22日更新

个園
【和:こえん
【中:Guo yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>个園

揚州市街区の東側にあり、南は揚州の有名な古い町・東関街に臨み、北は揚州の内河の塩阜東路に面し、かつては清の嘉慶23年(1818年)の両淮塩総(淮南と淮北の塩総監督官)の黄至筠の邸宅であった。今では揚州の有名な古典庭園の一つで、ユニークな景観設計と芸術的魅力によって、揚州の明・清代の私家庭園の代表格となっている。
明代に造営され、清の嘉慶から道光年間までに黄至筠が旧跡を基礎どして再建した。宋の文学者・蘇東坡の「食に肉はなくともよいが、住まいに竹ほ欠かせない」 という句から「竹」字の半分をとって「个園」と名づけられた。石築山を主とし、楼、台、亭、閣が点任し、築山が全国の3分の2を占めている。築山は異なる石によって春夏秋冬四季の景色を表現していることから、四季築山と呼ばれている。この庭園を一周すると、つまリー年中の景観を体験したことになる。このような造園芸術は山水画の南北両流派の風格を兼ね、中国の伝統絵画の理論にかなっている。个園は揚州で最もローカルカラーに富んだ庭園である。敷地面積は約2万㎡、配置が巧妙で、環境が静寂である。人と竹、石とが渾然一体となっている。
□観光サービス
交通:遊1、遊2、8、26路のバスを利用。
電話:86514--7358470
開放時間:07:15- 18:00
□アドバイス
主なみどこっは「風情万種个園竹」、「孤品畳石四季山」など.出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.