考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

青藤書屋 2008年12月23日更新

青藤書屋
【和:せいとうしょおく
【中:Qing teng shu wu
面白テーマ|中国の庭園|>青藤書屋

もとは榴花書屋と呼ばれていた。紹興市街区前観巷にあり、明の文学者、書家の徐渭の旧居であった。書斎の前にある池は水が一年中流れ込み、溢れたこともなければ乾きあがったこともないので、天池とも呼ばれている。池の辺に藤が植えられ、池、青い藤が素朴な書斎と鮮やかなコントラストをなしている。書斎の庭には竹林、築山、曲がりくねった小道があり、典型的な古代文人の庭園となっている。
庭園式民居で、環境が静かで素朴である。書斎は石柱、れんが造りの壁の平屋で、2部屋ある。前室は南向きで、室内に徐渭の肖像画と自筆の「一塵不染」と陳洪綬が題字した「青藤書屋」の扁額が掛かっている。東西2壁にそれぞれ「天池山人自題象賛」と院元が書いた「陳氏青藤書屋再建記」の石碑があり、書斎について詳しく記載されている。庭内の天池、漱藤阿、自在岩などはいずれも明代の遺物。
□観光サービス
交通:2、4、 5、 10、 11、 12、 14、 15路のバスを利用。
電話:86575-5134986
開放時間:08:00~17:00出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.