考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

東湖 2008年12月23日更新

東湖
【和:とうこ
【中:Dong hu
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>東湖

紹興東部の繞門山麓にあり、山と水の2部分からなり、南は東西に走る約2000kmの箬簀山が延々と続き、この山はもとは青石山で、漢の時代から石材場となり、千百年にのぼる切り出しによって、高さ50余mの断崖絶壁と大きな岩画が形成された。園の奥深いところに長さ約200m、幅約80mの池がある。
清の末期の紹興の有名な書家、庭園芸術家の陶浚宜がここに堤をめぐらし、その上に壁を築いたことから、閉鎖的な庭園――東湖となった。東湖の周りににも多くの美しい景色がある。湖に秦橋と霞川橋が架けられ、湖中に仙桃洞と陶公洞がある。
□観光サービス
交通:1、107、157路のバスを利用。
電:話186575-8649560
開放時間:07:30~18:00
□アドバイス
黒い苫で覆った小舟に乗つて仙桃洞、陶公洞を見学するをお勧めする。主なみどころは筆架山、飛来峰、桂嶺、陶公洞、仙桃洞、桟道、秦橋、听湫亭、.飲淥亭、欖越亭、寒碧亭、陶社など。出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.