考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

蘭亭 2008年12月23日更新

蘭亭
【和:らんてい
【中:Lan ting
面白テーマ|中国の庭園|>蘭亭

紹興の西南部に位置し、市街区から13kmのところにある。史料によると、東晋永和9年(353年)3月3日、王羲之と親友の孫安、孫綽らが蘭亭に集い、酒を飲みながら詩を作り、のちに王羲之がそれぞれの詩文を文集にし、序文を書いた。有名な「蘭亭集の序」である。蘭亭に三角形の碑亭があり、亭内の碑石に「鵝池」という草書の2文字が刻よれている。蘭亭に曲水流觴亭、右軍祠、墨池がある。流觴亭の周りは回廊に囲まれ、手前に曲がりくねった溝があり、水が溝の中をゆつくりと流れている。これが有名な曲水。
□観光サービス
交通:3、303路のバスを利用。
電話:86575-4609803
開放時間:08:00~17:00
□アドバイス
主なみどころは鵝池、鵝池碑、小蘭亭、曲水、流觴亭、御碑亭、右軍祠、書道博物館など。出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.