考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

番禺・餘蔭山房 2008年12月23日更新

番禺・餘蔭山房
【和:ばんぐ・よいんさんぼう
【中:Fan yu・Yu yin shan fang
面白テーマ|中国の庭園|>番禺・餘蔭山房

広州市街区から17km離れた広州市番民区にある広束省の清の四大名園の一つ。清の同治3年(1864年)に造営され、挙人の鄥燕天が名匠を招いて、蘇州・杭州の造園芸術を参考にして造園した。主体建築物が4つあり、回廊式アーチ橋が園内の空間を東西2部分に仕切っている。西部は四角形に近い形の蓮花池を中心としており、東部の中央には八角形の精巧な?(水亭)がある。有名な建物は深柳堂、臨池別館、孔雀亭などである。園内に亭、台、池、館があり、回廊、アーチ橋、小道、築山、塀、高い木々と呼応し、曲がりくねって、奥深く静かな庭園となっている。
□観光サービス
交通:10路バス:または番禺区から専用バスを利用。
電話:8620-84769293
開放時間:08:00~18:00出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.