考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

順徳・清暉園 2008年12月23日更新

順徳・清暉園
【和:じゅんとく・せいきえん
【中:Shun de・Qing hui yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>順徳・清暉園

仏山市順徳区大良にあり、清の広東四大名園の一つで、中国の十大名園に入っている唯―の広束省の古典庭園で、省クラス文化財に指定されている。この園は深い歴史・文化の蓄積があり、設計の面で嶺南地区の特色を持っている。
もとは明末期の状元の黄俊の邸宅で、のちに清の進士の竜応時が買い取つた。清の嘉慶5年(1800年)、竜応時の息子の翰林・竜延槐が官職を辞して南部に帰り、母親のために園を造った。その後、竜延槐の息子の竜元任、孫の竜景燦、曾孫の竜諸慧が代々改修した。1996年、順徳区政府がその歴史、芸術、観賞価値を評価し、拡張をおこない、面積を7000㎡余から2.2万㎡余に増やし、名園の粋を再現させ、内外の観光客を受け入れるようになった。
園内は景色が美しく、竜家の旧居が新しい景観と一体となり、澄み切った水、生い茂った樹木、古壁、窓、石山、小橋、曲廊などが亭、台、楼、閣と融合し、中国古代の建築、庭園、彫刻、詩書、石灰彫りなどの芸術を集め、中国の庭園建築の雄、奇、険、幽、秀、昿という特徴を際立たせている。
□観光サービス
交通:広州の旅客輸送直行バスを利用。
電話:86757-22226196
開放時間:08:00~18:00
□アドバイス
主なみどころは船庁、碧渓草堂、澄漪亭、花亭、惜陰書屋、竹宛、帰寄廬、筆生花館など。出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.