考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

東莞・可園 2008年12月23日更新

東莞・可園
【和:とうかん・かえん
【中:Dongguan・Keyuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>東莞・可園

東莞市にある清の広東四大名園の一つ。清の道光30年(1850年)に造営された。特徴は面積が小さく、設計が精巧で、屋敷、客間、別荘、庭、花囿、書斎などを巧みに配置されていることである。2000㎡余の園内の亭、台、楼、閣、築山、池、橋、榭、小道、回廊など20余の建物はそれぞれ特色がもっている。建物の高さが違い、道が曲がりくねり、小さな庭園が広く見え、静寂で趣きがあり、嶺南地区の特色をそなえ、広東庭園の珍品と言える。
□観光サービス
交通:広州駅或いは白雲空港からバスを利用。
電話:86769-2211748
開放時間:08:00~17:30出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.