考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

太原・晋祠 2008年12月23日更新

太原・晋祠
【和:たいげん・しんし
【中:Tai yuan・Jin ci
面白テーマ|中国の庭園|>太原・晋祠

太原市街区南西から25km離れたところにあり、北魏(386~534年)に周武王の次男の叔虞を記念するために建てられた。山西の「小江南」と称され、中国でも珍しい大型祠堂式古典庭園で内外によく知られている。
北魏地学者の酈道元は『水経注』の中で、当時の晋祠を描写している。このことから、1500年前に晋祠がかなりの規模をそなえていたことがわかる。祠内に宋、元、明、清の各時代の建物が100余あり、そのうちの宋の聖母殿、魚沼飛梁、金代の献殿は国家文化部によって三大国宝建築と鑑定されている。出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.