考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

王羲之 2009年3月2日更新

王羲之
【和:おうぎし
【中:Wang xi zhi
晋・南北朝|歴史人物|>王羲之

(三〇三~三六一)異説あり 字は逸少、山東省臨訴の人。晋の名門王氏の出身で、右軍将軍、会稽内史などを歴任した。楷書、行書、草書にすぐれ、書名は生前から高く、書を芸術の域に高めた人物とされている。唐太宗による王羲之書の崇拝、歴代名筆を収めた「淳化閣帖」では、十巻中三巻を王羲之書が占めることなど、常に書法の規範とされており、書聖としての地位を不動のものとした。彼の真跡は現存していないが、数々の双釣填墨本や法帖が伝わっている。(書の鑑賞用語)出所:書の至宝-日本と中国2006
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.