考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

王献之 2009年3月2日更新

王献之
【和:おうけんし
【中:Wang xian zhi
晋・南北朝|歴史人物|>王献之

(三四四-三八八) 字は子敬。山東省臨沂の人。官は中書令に至る。王羲之の第七子として生まれ、兄弟の中で最も書にすぐれた。父と優劣を競うほど書名が高く、後世父と共に「二王」と称されている。彼の墨筆作品は父のそれと同様一点も現存しないが、墨跡本や各種拓本によってうかがい知ることができる。「中秋帖」(台北故宮博物院)、「二十九日帖」(遼寧省博物館)などが有名。(書の鑑賞用語)出所:書の至宝-日本と中国2006
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.