考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

類聚歌合(二十巻本歌合)巻第八・十一 2009年3月17日更新

類聚歌合(二十巻本歌合)巻第八・十一
【和:るいじゅううたあわせ
【中:Lei ju ge he
彫刻・書画|>類聚歌合(二十巻本歌合)巻第八・十一

十九巻のうち二巻
紙本墨書
[巻八]縦二六・八 全長二四〇六・四
[巻十一』縦二七・○ 全長二六三七・一
平安時代・十二世紀
京都・陽明文庫
大治元年(一一二六)までの平安朝における歌合を主催者別に編纂した「類聚歌合」、いわゆる「二十巻本歌合」である。内大臣藤原雅実(一〇五九―一一二七)は、頼通の十巻本を模範として、さらに大きな歌合の編纂を決意し、その後能書としても著名な内大臣藤原忠通(一〇九七~一一六四)もこの編纂事業に加わった。長い編纂のため料紙も幾種類にもわたる。当然のことながら多くの人の寄合書きになるものである。十巻本に比べて、行間は狭く、文字も小さい。
この巻八は、天地に薄墨の界を引いた料紙に、右肩上がりの奇癖のある書風であるが、筆力は強く、リズミカルな筆致で書き進められており、時代の大きな変化を感じさせる。斎宮歌合・斎院歌合を所収した巻である。図版の部分は禖子内親王主催の歌合で、関白藤原頼通(九九二―一〇七四)が後見となって開催された。祐子内親王や四条宮などの女房が参加しており、それぞれの新作の物語から和歌一首を撰出して、九番の歌合に番えたものである。当時の女房たちが競うように歌物語を作っていたことが偲ばれる。
巻十一は大臣の上を編集した巻で、忠平・時平・師輔・頼忠・道長・頼通・師実家の歌合が所収される。図版の箇所は、長元八年(一〇三五)五月十六日に、関白左大臣頼通が賀陽院の水閣において催したものである。撰者は藤原公任(九六六―一〇四一)で、赤染衛門や相模・能因らが参加したものであった。これらの「類衆歌合(二十巻本歌合)」は、古筆愛好が流行したことにより、分割されて断簡となり、掛幅に仕立てられたり、手鑑に貼付される。筆者を藤原俊忠に伝称するものを「二条切」、藤原忠家に伝称するものを「柏木切」と呼び、大切に鑑賞されている。 出所:書の至宝-日本と中国2006
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.