考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

蓬莱硯 2009年5月29日更新

蓬莱硯

【和:ほうらいけん
【中:Peng lai yan
彫刻・書画|基本用語|>蓬莱硯

蓬莱山は東海にある山で神仙が棲むという伝説がある。『列子』湯問篇は五神山として岱輿、員嶠、方壷、瀛州、蓬莱を挙げている。この山内の台観は金玉で作られ、玉樹があり、その実を食えば不老不死になるという。司馬遷の『史記』には方丈、瀛州、蓬莱の三神山としてある。この中で最も有名なのが蓬莱山である。奏の始皇帝が不老不死の薬を求めて徐福に命じ、彼は日本にたどりついたと言い、新宮にその伝説追跡があり、後の日本の文字、思想に深く影を落している。
この蓬莱山図を硯面、四周に刻したものが蓬莱硯である。蘭亭硯と双璧をなすと言われる。硯面の上に台観を描き、門額に蓬莱山とある。裏面には海波中に龍が躍ったり、海波中に亀が書籍を背にする図があったり一定しない。端渓、洮河緑石に多く、澄泥、歙川に少ないのは蘭亭硯と同じである。出所:『文房古玩事典』宇野雪村
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.