考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

饕餮紋甗 2009年8月19日更新

饕餮紋甗

【和:とうてつもんけん
【中:Tao tie wen yan
殷・周時代|青銅器|>饕餮紋甗

西周時代
青銅 全高39.6cm・口径24.4cm・重量3.43kg
陝西省岐山県京当郷賀家村出土(1976年)
宝鶏市周原博物館蔵
 甗は蒸し器として用いられた。下部は高、上部は甑からなる。上下の間は一層の孔のあいたすのこがあって蒸気を通すようになっている。  この甗は腹部に饕餮紋を飾り、甑の頸部には簡略化された一段の竊曲紋が巡っている。出所:中国陝西省宝鶏市周原文物展
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.