特別展「幻の名窯 湖東焼 -彦根藩窯の盛衰-」彦根城博物館

特別展「幻の名窯 湖東焼 -彦根藩窯の盛衰-」彦根城博物館

名称:特別展「幻の名窯 湖東焼 -彦根藩窯の盛衰-」
会期:2020年10月23日(金)~11月23日(月・祝)
休館日:会期中無休
開館時間:午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
住所:〒522-0061滋賀県彦根市金亀町1-1
TEL:0749-22-6100
URL:彦根城博物館
 湖東焼(ことうやき)は、江戸時代後期に彦根で焼かれたやきものです。文政12年(1829)、彦根城下の商人絹屋半兵衛(1790~1860)らが開窯し、後に彦根藩が召し上げて直営化し、井伊家12代直亮(なおあき)(1794~1850)と13代直弼(なおすけ)(1815~60)、14代直憲(なおのり)(1848~1904)のもとで発展しました。とりわけ直弼は、湖東焼の窯の経営に情熱を注ぎ、藩窯は黄金期を迎えます。しかし安政7年(1860)、直弼が桜田門外の変で亡くなると、窯は縮小を余儀なくされ、文久2年(1862)に藩窯は廃止され、民間に払い下げられました。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る