『樹々のある風景』(陶磁器)『海を越えてきたわざ』~鉄釉・三彩・青磁 を中心に~三木美術館

『樹々のある風景』(陶磁器)『海を越えてきたわざ』~鉄釉・三彩・青磁 を中心に~三木美術館

名称:『樹々のある風景』(陶磁器)『海を越えてきたわざ』~鉄釉・三彩・青磁 を中心に~三木美術館
開催日時:2021年3月3日(水)〜 5月30日(日)
開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
休館日:月曜日・火曜日(祝日の場合は開館)
入館料:
  一般(高校生以上) 300円
  中学生以下 無料
住所:〒670-0012兵庫県姫路市本町241
TEL:079-284-8413
URL:三木美術館
  樹々の表情、溢れる生命力を描いた安井曾太郎や梅原龍三郎をはじめとした
  近代の画家達の作品をご紹介します。
  陶磁器では、中国由来の技法をもとに生まれた作品をご紹介します。
  鉄釉陶器の清水卯一や石黒宗麿、三彩の加藤卓男、青磁の中島宏など、
  人間国宝の作品を中心にご覧いただけます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る