「時間~TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展」美術館「えき」KYOTO

「時間~TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展」美術館「えき」KYOTO

名称:「時間~TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展」美術館「えき」KYOTO
会期:2021年4月3日(土)~5月5日(水・祝)※会期中無休
開館時間:午前10時~午後7時30分
  入館締切 閉館30分前
入館料(税込):
  一般 900円(700円)
  高・大学生 700円(500円)
  小・中学生 500円(300円)
  ※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。
主催:美術館「えき」KYOTO、京都新聞
後援:FM COCOLO/FM802
  プロデュース
  立川直樹
会場デザイン:岸 健太
協力:東京リスマチック株式会社
企画協力:鋤田事務所、立川事務所
住所:〒600-8555京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町JR京都伊勢丹7F
TEL:075-352-1111
URL:美術館「えき」KYOTO 
 アメリカ・ペンシルバニア州に生まれたソール・ライター(1923-2013)は、1950年代からニューヨークで第一線のファッション・フォトグラファーとして活躍していましたが、1981年、5番街にあったスタジオを閉鎖し、表舞台から姿を消しました。しかし、2006年、ドイツのシュタイデル社から出版された初の写真集『Early Color』が大きな反響を呼び、各国で次々に展覧会が開催されるようになり、2013年にはドキュメンタリー映画が公開(日本公開は2015年)されるなど、すでに80歳を超えていたソール・ライターは再び脚光を浴びることになったのです。天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と呼ばれた個性と才能は、彼が亡くなった今も生き続けています。本展では、2014年に創設されたソール・ライター財団が管理する膨大な作品資料のアーカイブから、選び抜かれた作品を展覧します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る