「利休七哲 三斎・右近を中心に」古田織部美術館

  • 2021/2/5
  • 「利休七哲 三斎・右近を中心に」古田織部美術館 はコメントを受け付けていません
「利休七哲 三斎・右近を中心に」古田織部美術館

名称:「利休七哲 三斎・右近を中心に」古田織部美術館
会期:2020年12月5日〔土〕~2021年6月13日〔日〕
開館時間:9:30~17:00(入館は16:40まで)
休館日:月曜日~金曜日(土・日・祝日開館)
入館料:大人500円/大学生・高校生400円
    小中学生300円/未就学児 無料
    団体(15人以上)100円引
後援:京都市、京都新聞
住所:〒603-8054京都府京都市北区上賀茂桜井町107-2 B1
TEL:075-707-1800
URL:古田織部美術館
  利休七哲とは、蒲生氏郷、細川三斎(忠興)、高山右近、古田織部など、利休の武家の弟子七人を指す言葉です。かつて前田利長(利家の子)も数えられていました。今回の企画展では、三斎・右近を中心に七哲ゆかりの道具を展示いたします。なかでも注目していただきたいのは、高山右近が作らせた新発見の銅製百合文平卓と花クルス文瓦、右近が織部から贈られ仕覆を仕立てたと考えられる古高取織部茶入。茶の湯とキリスト教の関係性も含めて、いまだベールに包まれた利休七哲の世界をご堪能ください。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る