「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡市美術館

「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡市美術館

名称:「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡市美術館
開催期間:2021年11月20日(土)〜2022年1月23日(日)
開館時間:10:00~19:00(展示室入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始
〒420-0852静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3F
TEL:054-273-1515
URL:静岡市美術館
 19世紀のフランスでは風景画が大いに発展しました。神話や歴史の背景ではなく絵画の主題そのものとして風景が捉えられるようになり、チューブ入り絵具の発明や鉄道網の発達が画家たちを戸外制作へと導いたのです。本展は、19世紀フランス絵画、特にカミーユ・コローの作品を数多く所蔵するランス美術館のコレクションを中心に、コローの名作のほか、バルビゾンの画家たち、ウジェーヌ・ブーダンを経て印象派のクロード・モネ、カミーユ・ピサロに至る70点あまりを選りすぐり、フランス近代風景画の歴史をたどります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る