特別展 渡辺省亭生誕170年記念「鏑木清方と渡辺省亭  ―江戸画人の水脈―」鎌倉市鏑木清方記念美術館

特別展 渡辺省亭生誕170年記念「鏑木清方と渡辺省亭  ―江戸画人の水脈―」鎌倉市鏑木清方記念美術館

名称:特別展 渡辺省亭生誕170年記念「鏑木清方と渡辺省亭  ―江戸画人の水脈―」鎌倉市鏑木清方記念美術館
会期:2022年9月15日(木)~10月19日(水)
開館時間:午前9時00分~午後5時00分 (最終入館は午後4時30分まで)
   換気清掃時間:13:00~13:30(一時閉館するため、ご入館いただけません)
   ※20名以上の団体でのご来館を希望される場合は、事前にご連絡ください。
休館日:毎週月曜日(9月19日〈月・祝〉、10月10日〈月・祝〉は開館)、10月11日(火)
観覧料:一般 450円、小・中学生 220円
住所:〒248-0005神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
TEL:0467-23-6405

繊細かつ洒脱な画風で異才を放った渡辺省亭(1852~1918)。江戸情緒や身近な四季の移ろいを繊細に描き、「省亭風」と呼ばれた作風が明治・大正の市井の人々に愛されました。近年その画業が紐解かれ、再評価されています。
 清方は13歳で挿絵画家をこころざす前から、本や雑誌に載せられた省亭の口絵や挿絵に接し、その清新な画風に魅せられていました。一時省亭に花鳥画を学んだ水野年方に入門して研鑚を積み、やがて流麗な線描と情緒豊かな作風で挿絵画家、日本画家として名を馳せるようになります。省亭の作品を蒐集して自宅の床の間に飾り、晩年まで省亭に私淑した清方。「省亭は、年方に直結して、間接には私にまで及んでゐる」(『こしかたの記』)と、省亭からの影響を随筆の中でも語っています。
 本展覧会では、省亭と清方の作品を並べて紹介し、省亭から清方へと連なる美の伝承を辿ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る