アートラボ 美術作家 平川渚展「かなた/あなたとの会話」鹿児島県霧島アートの森

《終わらない物語》2017年 都城市立美術館蔵

名称:アートラボ 美術作家 平川渚展「かなた/あなたとの会話」鹿児島県霧島アートの森
会期:2022年12月21日(水)〜2023年2月12日(日)
会場:鹿児島県霧島アートの森
時間:9:00〜17:00 (入園は閉園の30分前まで)
休館日:月曜日 祝日の場合は翌日休園
   年末年始 12月29日(木)~1月2日(月)
観覧料:一般 320円(250円)
   高大生 210円(160円)
   小中生 150円(120円)
   幼児以下 無料
   ※( )内は20人以上の団体料金
   ※鹿児島県内の70歳以上は無料,鹿児島県内の小中高生は土・日・祝日無料(年齢等の確認書類必要)
住所:〒899-6201鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-220
TEL:0995-74-5945
URL:鹿児島県霧島アートの森

「地面を編む」(スタジオイマイチ/山口)2013年 撮影:大脇理智
「地面を編む」(スタジオイマイチ/山口)2013年 撮影:大脇理智
「ミナワ」(木崎湖畔/長野)2016年
「ミナワ」(木崎湖畔/長野)2016年
「いとなみ」(湧水町くりの図書館/鹿児島)2021年 撮影:森山年雄
「いとなみ」(湧水町くりの図書館/鹿児島)2021年 撮影:森山年雄
撮影:森山年雄
撮影:森山年雄

美術作家 平川渚(ひらかわなぎさ)は、地域に滞在しながら土地の記憶や人々の営みを手がかりに糸を空間に拡張させる作品を制作してきました。また近年は、人々から集めた古着や編み物を素材にそれらが持つ「個々の物語」に着目した作品も発表しています。
本展は、鹿児島県湧水町を舞台に2021年から展開している「『手編みの物語をあつめる』プロジェクト」の最終章として、湧水町民から集めた手編みの編み物とエピソードを媒介に、様々な人と関わりながら一人ひとりのかけがえのない物語に寄り添ってきた平川による、新作を含む作品を展観します。
自分ではない誰かの、日常から生まれたそれぞれの情景に思いを馳せることで、境遇の違いを越えた普遍的な物語を体感するものとなるでしょう。

《終わらない物語》2017年 都城市立美術館蔵
《終わらない物語》2017年 都城市立美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る