「平安文学、いとをかしー国宝「源氏物語関屋澪標図屏風」と王朝美のあゆみ」静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

「平安文学、いとをかしー国宝「源氏物語関屋澪標図屏風」と王朝美のあゆみ」静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

名称:「平安文学、いとをかしー国宝「源氏物語関屋澪標図屏風」と王朝美のあゆみ」静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)
会期:2024年11月16日(土)~2025年1月13日(月・祝)
会場:静嘉堂文庫美術館(静嘉堂@丸の内)
時間:10:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
   金曜日は10:00~18:00(最終入館時間 17:30)
   ※変更の場合がありますので、公式HPをご確認ください
休館日:月曜日(祝休日は開館し翌平日休館)
   展示替期間、年末年始など
観覧料:一般 1,500円
   大高生 1,000円
   中学生以下 無料
   障がい者手帳提示の方 700円(同伴者1名 無料)
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内 2-1-1 明治生命館1階
TEL:050-5541-8600 
URL:静嘉堂@丸の内静嘉堂文庫美術館

国宝 俵屋宗達 《源氏物語関屋 関屋図屏風》江戸時代・寛永8年(1631)静嘉堂文庫美術館蔵
国宝 俵屋宗達 《源氏物語関屋 関屋図屏風》江戸時代・寛永8年(1631)静嘉堂文庫美術館蔵

和歌を書した古筆、源氏物語・平治物語・住吉物語などを主題・意匠にした絵画や工芸品など、平安文学をテーマに日本美術の名品を紹介する展覧会です。
平安時代から現代まで、人々を魅了し続ける平安文学の世界を、国宝「倭漢朗詠抄 太田切」、国宝 俵屋宗達「源氏物語関屋澪標図屏風」、重文「平治物語絵巻」、重文 尾形光琳「住之江蒔絵硯箱」などの優品から読み解きます。
目にも鮮やかな、平安文学と美術のマリアージュをお楽しみください。

国宝 《倭漢朗詠抄 太田切》(部分)平安時代(11世紀)静嘉堂文庫美術館蔵
国宝 《倭漢朗詠抄 太田切》(部分)平安時代(11世紀)静嘉堂文庫美術館蔵
土佐光起 《紫式部図》(部分)江戸時代(17世紀)静嘉堂文庫美術館蔵
土佐光起 《紫式部図》(部分)江戸時代(17世紀)静嘉堂文庫美術館蔵
国宝 俵屋宗達 《源氏物語関屋 澪標図屏風》江戸時代・寛永8年(1631)静嘉堂文庫美術館蔵
国宝 俵屋宗達 《源氏物語関屋 澪標図屏風》江戸時代・寛永8年(1631)静嘉堂文庫美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る