「ハニワと土偶の近代」東京国立近代美術館

「ハニワと土偶の近代」東京国立近代美術館

名称:「ハニワと土偶の近代」東京国立近代美術館
会期:2024年10月1日(火)〜12月22日(日)
会場:東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
開館時間:10:00-17:00(金曜・土曜は10:00-20:00)
   入館は閉館の30分前まで
料金:一般  1,800円(1,600円)
   大学生 1,200円(1,000円)
   高校生 700円(500円)
   ( )内は20名以上の団体料金
休館日:月曜日(ただし10月14日、11月4日は開館)、10月15日、11月5日
主催:東京国立近代美術館、 NHK、 NHKプロモーション、 毎日新聞社
協賛:JR東日本、 光村印刷
住所:〒102-8322東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)
URL:東京国立近代美術館

古の地層から出土するハニワや土偶のイメージは日本中に浸透し、いまや押しも押されもせぬキャラクターと化しているといっていいでしょう。出土遺物は、美術に限らず、工芸、建築、写真、映画、演劇、文学、伝統芸能、思想、さらには教育番組にいたるまで、幅広い領域で文化現象を巻き起こしてきました。戦後、岡本太郎やイサム・ノグチによって、それまで考古学の資料として扱われていた出土遺物の美的な価値が「発見」されたというエピソードはもはや伝説化しています。なぜ、出土遺物は一時期に集中して注目を浴びたのか、その評価はいかに広まったのか、作家たちが「遺物」の掘り起こしに熱中したのはなぜか――本展は美術を中心に、文化史の舞台に躍り出た「出土モチーフ」の系譜を、明治時代から昭和戦後にかけて追いかけつつ、ハニワや土器、土偶に向けられた視線の変遷を探ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る