「金曜ロードショーとジブリ展」広島県立美術館

「金曜ロードショーとジブリ展」広島県立美術館

名称:「金曜ロードショーとジブリ展」広島県立美術館
会期:2024年7月13日(土)~2024年9月23日(月・振)
会場:広島県立美術館
展示室:3階 企画展示室
時間:9:00~17:00 ※金曜日は20:00まで
休館日:会期中無休 
観覧料:一般 1,800円
   高・大学生 1,500円
   小・中学生 1,100円
   ※日時指定券(30分区切りの日時指定)
   販売期間:5月13日(月)9:00~9月23日(月・振休) ※売切次第終了
   チケット販売所:広島展公式オンラインチケット、ローチケ、日テレゼロチケ
   ※未就学児は入場無料
   ※広島県立美術館の受付でのチケット販売はありません
   ※無料対象者も未就学児を除き、広島展公式オンラインチケットで日時指定予約が必要です
   ※学生料金でご入場の際は、学生証の提示をお願いします
   ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者とその介助者(1名まで)の料金は半額です
   ご入場の際、手帳を提示してください(オンラインチケットで半額チケットをお買い求めください)
   ※特別展入館当日に限り、所蔵作品展も観覧できます
   ただし、7月16日~18日、8月26日は所蔵作品展が展示替えのため、観覧できません
   ※特別展入館当日に限り、本展チケットもしくはQRコードの提示(半券可)により、100円で縮景園に入園できます
   ※団体料金の設定や、各種割引はありません
住所:〒730-0014広島県広島市中区上幟町2-22
TEL:082-221-6246
URL:広島県立美術館

© Studio Ghibli
※写真は京都展の様子です。
© Studio Ghibli ※写真は京都展の様子です。

あなたの「初めての映画」は金曜ロードショーではなかったでしょうか?昭和 平成 令和と「映画」と私たちをつないできた「金曜ロードショー」。公開年に関わらず名画と出会うことができた時間。知らなかった世界に初めて出会う時間。
そんな番組が始まった1985年(昭和60年)は、スタジオジブリが“スタジオ開き”をした年でもあります。
本展ではその1985年を起点に、「金曜ロードショー」の歩みを辿りながら、スタジオジブリ作品の魅力を紹介します。
◆ 金曜ロードショー
1985年から日本テレビ系で放送されている映画番組。72年から放送されていた「水曜ロードショー」の放映曜日が金曜日に移ったのを機に、名称を変更しあらたにスタート。86年に「風の谷のナウシカ」を初放映(※)して以来、これまで200回以上にわたってスタジオジブリ作品を放映。97年から2009年までは、スタジオジブリが制作したオリジナルのムービー(音楽:久石譲)がオープニングを飾りました。 キャラクターの“フライデーおじさん”は宮﨑駿監督が生み出し、「耳をすませば」の近藤喜文監督が仕上げたものです。

© Studio Ghibli
※写真は京都展の様子です。
© Studio Ghibli ※写真は京都展の様子です。
© Studio Ghibli
※写真は京都展の様子です。
© Studio Ghibli ※写真は京都展の様子です。
© Studio Ghibli
※写真は京都展の様子です。
© Studio Ghibli ※写真は京都展の様子です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る