「狩野派と土佐派 幕府・宮廷の絵師たち」根津美術館

  • 2021/2/22
  • 「狩野派と土佐派 幕府・宮廷の絵師たち」根津美術館 はコメントを受け付けていません
「狩野派と土佐派 幕府・宮廷の絵師たち」根津美術館

名称:「狩野派と土佐派 幕府・宮廷の絵師たち」根津美術館
会期:2021年2月25日(木)~3月31日(水)
休館日:毎週月曜日
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入場料:オンライン日時指定予約 一般1300円 学生1000円
  当日券(窓口販売) 一般1400円 学生1100円
  *当日券は、予定枚数の販売が終了している場合があります。
  *障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料。
住所:〒107-0062東京都港区南青山6-5-1
TEL:03-3400-2536
URL:根津美術館
 約400年の長期にわたって、日本の画壇に君臨した狩野派。その祖である狩野正信(1434?~1530)は、室町時代に漢画の絵師として頭角を現し、流派の礎を築きました。一方、伝統的な絵画様式であるやまと絵の流派である土佐派は、狩野正信と時を同じくして登場した土佐光信(1434?~1525)の活躍により栄華を極めました。その後、日本の画壇は狩野派が制しますが、土佐派の命脈も途切れず、江戸時代前期に宮廷の絵師として見事に復活を遂げました。 この展覧会では、当館が所蔵する狩野派と土佐派の作品を中心に、室町~江戸時代に幕府や宮廷の御用を務めた絵師たちの作品をご覧いただきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る