考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

王維  2008年10月03日(金)更新

王維
【和:おうい
【中:Wang Wei
隋・唐・五代|歴史人物>王維


(701-761)
  盛唐の詩人、、画家。蒲州(山西省永済県)の人。字は摩詰。尚書右丞となったので王右丞ともよばれる。開元の進士。安禄山の乱で捕えられその配下に入ったため、乱後唐王朝の問責をうけたが、乱中に作った詩が評価されて死刑を免れる。熱心な仏教徒で、晩年、藍田(陝西省藍田)の別荘で半隠居生活を送った。五言絶句にすぐれ、自然を詠じた山水田園詩が有名。また、山水画を得意とし、後世に文人画(南宗画)の祖とされる。詩文集『王右丞集』がある。出所:中国

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.