考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

仇英  2008年10月09日(木)更新

仇英
【和:きゅうえい
【中:Chou Ying
明・清|歴史人物>仇英


(?-1552?)
  明の画家。太倉(江蘇省)の人。字は実父、号は十洲。蘇州で活躍。画は周臣に師事、在野の院派の大家。下層階級の画工であったが、呉派の文徴明の知遇で名を知られた。人物、とくに仕女図(美人画)を得意とし、唐の周昉よりもすぐれたといわれる。山水・花鳥も巧みに描き、水墨・白描にも長じる。明四大家の一人で、一生を売画で生活した。出所:中国

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.