考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

綾地花鳥文様刺繍袋 2009年12月14日更新

綾地花鳥文様刺繍袋
【和:あやじかちようもんようししゆうぶくろ
【中:Ling di hua niao wen yang ci xiu dai
隋・唐・五代|絹・衣類|>綾地花鳥文様刺繍袋

敦煌将来一枚
縦92.0 横24.0
唐時代(8世紀)
Textile cover with design of floral sprays and birds.
 白綾地に流麗な花唐草文様を鮮やかに繍いだした刺繍裂。元は袋に仕立てられていたものて,織耳の部分が袋の口に当てられていた。
花文を織りだした綾絹の裏に白の平絹を重ねて台地とし,繍技は前代に盛行した鎖繍を脱脚して,絹糸の光沢を充分に生かした平繍や繻子繍を主体とし,さらに小鳥には金糸の駒留,花,葉,茎の縁どりには銀糸の駒留の技法などが取り入れられている。特にここに見る平繍,繻子刺繍の繍法が,正倉院所蔵の天蓋の刺繍にみられる帛の両面に同一の文様を繍いだした「両面繍」と異なり,表の糸足が8~9 mm, 裏面の返しが1mm前後といった,いわゆる「渡し繍」になっていることが注目される。こうした繍枝の違いが軽やかな花唐草の表現を可能にしたものであろう。出所:大英博物館所蔵日本・中国美術名品展
関連用語:

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.