長崎外国語大学 開学20周年記念事業「ギド・フルベッキと長崎」ナガサキピースミュージアム

長崎外国語大学 開学20周年記念事業「ギド・フルベッキと長崎」ナガサキピースミュージアム

名称:長崎外国語大学 開学20周年記念事業「ギド・フルベッキと長崎」
会期:2020年11月3日(火・祝)~11月29日(日)
開館:9:30~17:30 入館無料
休館日:11月9日(月)、16日(月)、24日(火)
住所:〒850-0921 長崎県長崎市松が枝町7-15
TEL 095-818-4247
URL:ナガサキピースミュージアム
 幕末にプロテスタント宣教師としてアメリカオランダ改革派教会から日本に派遣されて日本にプロテスタントの種を蒔き、英語を用いて欧米の近代的な知識を普及し、明治維新の推進者たちに大きな影響を与えたギド・フルベッキ。
その影響下で政府要人となった大隈重信の求めでフルベッキは遣欧使節団を提唱し、明治政府に招聘されて日本の近代化に大きな足跡を残した。
その縦横な活動は、10年に渡る長崎における活発な活動を基盤としていた。
本展示会では、長崎時代に焦点をあて、フルベッキの宣教と教育およびその交流関係について、史資料やフルベッキの著述、古写真を用いて再現します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る