【没後20年 真鍋博2020】愛媛県美術館

【没後20年 真鍋博2020】愛媛県美術館

名称:【没後20年 真鍋博2020】
会期
 令和2年(2020)10月1日(木)~11月29日(日)
休館日:月曜日 
 ※ただし、10月5日(月)、11月2日(月)、11月3日(火・祝)、11月23日(月・祝) は開館し、10月6日(火)、11月4日(水)、24日(火)は休館。
開館時間:9時40分~18時(入場は17時30分まで)※ただし、10月1日(木)は10時より開展式を開催し、一般入場は11時から。
主催:愛媛県美術館
特別協力:愛媛県立図書館
協力:セキ美術館、新居浜市美術館
後援:松山市、松山市教育委員会、愛媛県美術会、愛媛美術教育連盟
助成:一般財団法人地域創造、公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
協賛:愛媛銀行、大一ガス株式会社、住友グループ(住友金属鉱山、住友化学、住友重機械工業、 住友共同電力、住友林業、三井住友建設)
住所:〒790-0007愛媛県松山市堀之内
TEL:089-932-0010
URL:愛媛県美術館
1932(昭和7)年、愛媛県宇摩郡別子山村(現・新居浜市)に生まれた真鍋博はイラストレーションの世界を舞台に様々な作品を世に送りだしました。本展は、真鍋博の没後20年という節目の年に開催される大規模な回顧展です。真鍋が大学在籍中に制作した油彩画から、星新一や筒井康隆などの装幀の原画にいたるまで、約700点の作品群を展示いたします。1964年の東京オリンピックや1970年の大阪万博など、わが国の高度経済成長と呼応しつつ新たなデザインを切り開いていった真鍋の画業を、生誕の地で振り返ります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 特別企画展「おおさか街あるき―キタ・ミナミ―」大阪歴史博物館
ページ上部へ戻る