「憧れのヨーロッパ旅行」京都府立堂本印象美術館

「憧れのヨーロッパ旅行」京都府立堂本印象美術館

名称:「憧れのヨーロッパ旅行」京都府立堂本印象美術館
会期:令和2年11月28日(土)~令和3年3月28日(日)
休館日:月曜日(但し、1月11日は開館、1月12日は休館)
  年末年始(12月28日~1月4日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:一般510円(400円)/高校・大学生400円(320円)/小・中学生200円(160円)
  ( )は20名以上の団体料金
  65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催:京都府、京都府立堂本印象美術館(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)、京都新聞
助成:一般財団法人地域創造
同時開催:京都現代作家展
  2020年11月28日(土)~2021年1月24日(日)
    Vol.13 三瀬夏之介「おにの神さん/奇景」
  2021年1月26日(火)~3月28日(日)
    Vol.14 山田伸「美への胎動」
住所:〒603-8355京都府京都市北区平野上柳町26-3
TEL:075-463-0007
URL:京都府立堂本印象美術館

  昭和27年(1952)5月、日本画壇の重鎮として活躍していた堂本印象はヨーロッパへ旅立ちました。当時、印象は、京都から特急列車で東京へ向かい、羽田からプロペラ飛行機で約50時間かけてイタリア・ローマに到着した後、さらにフランス、スペイン、ドイツ、スイスなどを訪問しました。印象は約半年間の滞在中、西洋古典美術のみならず現代美術の動向にも直に触れ、自身の今後進むべき道を確信して帰国しました。
  本展では、帰国後に発表した《メトロ》や《窓》のほか、ヨーロッパ滞在中に描いた現地のスケッチ画、油彩画など、ヨーロッパ旅行に関連して制作された作品を紹介します。還暦を過ぎて、ようやく叶った憧れのヨーロッパ旅行で印象が目にした様々な風物をともに味わっていただければ幸いです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る