「二代広重—受け継がれた広重イズム—」中山道広重美術館

企画展「二代広重—受け継がれた広重イズム—」中山道広重美術館

名称:「二代広重—受け継がれた広重イズム—」中山道広重美術館
会期:2020年12月10日(木曜日)から2021年1月17日(日曜日)
休館日:毎週月曜日、年末年始(12月28日~1月4日)、1月12日(火曜日)
  ※1月2日(土曜日)、1月11日(月曜日)は開館
場所:展示室1(1階)
開館時間:午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料 大人520円(420円) ※(  )内は20名以上の団体料金
  ▲18歳以下無料
  ▲障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名まで無料
  ▲毎週金曜日はフリーフライデー(観覧無料)
住所:〒509-7201岐阜県恵那市大井町176-1
TEL:0573-20-0522
URL:中山道広重美術館
 初代広重の没後、門人たちがその名を襲名しましたが、師の画風を最も忠実に受け継いだのは、二代広重といえるでしょう。彼が作品を手掛けた時代は、まさに江戸と明治の狭間でした。移り変わる時代を生きた絵師・二代広重が受け継いだ広重イズムをご覧ください。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る