「菓子珊珊—茶人が選ぶお菓子と器—」ふじのくに茶の都ミュージアム

「菓子珊珊—茶人が選ぶお菓子と器—」ふじのくに茶の都ミュージアム

名称:「菓子珊珊—茶人が選ぶお菓子と器—」ふじのくに茶の都ミュージアム
開催期間:2020年10月31日(土)~2021年2月8日(月)
開館時間:午前9時から午後5時まで(入館は、午後4時30分まで)
  茶室は、午前9時30分から午後4時まで(入室は、午後3時30分まで)
休館日:毎週火曜日(ただし、火曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
場所:博物館2階企画展示室
料金:常設展入館者は無料(別途、博物館観覧券が必要です)
協力:山下昭子氏、山下伸子氏、表千家同門会、平凡社
住所:〒428-0034静岡県島田市金谷富士見町3053-2
TEL:0547-46-5588
URL:ふじのくに茶の都ミュージアム
お茶人はお菓子が大好きです。そんなお茶人の一人山下惠光(えこう)宗匠は全国を行脚し、出張した先ざきで自らお菓子屋さんを訪ね、気に入ったお菓子を表千家『同門』誌に連載を続けました。山下宗匠のお菓子の紹介の特徴は、そのお菓子にふさわしい器を独自の選択眼で選んだことであり、それはお菓子の楽しみと器の楽しみが一体となった面白さといえましょう。
 「菓子珊珊」というタイトルで連載された郷土のお菓子めぐりは、平成31年に『菓子珊珊―茶人が選ぶお菓子と器―』(平凡社)として出版されました。
 本展では、「菓子珊珊」で紹介された全国のお菓子(主に干菓子)と器の取り合わせ約30点を紹介します。各地方で大切に育まれてきた郷土菓子の魅力やお菓子と器の取り合わせの美に触れていただく機会となれば幸いです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る