近現代絵画「人物画の世界」石川県立美術館

近現代絵画「人物画の世界」石川県立美術館

名称:近現代絵画「人物画の世界」石川県立美術館
開催期間:2020年11月19日(木) ― 2020年12月20日(日)
開館時間:9:30 ― 18:00(入場は17:30まで)
会期中無休
会場:第3展示室
住所:〒920-0963石川県金沢市出羽町2-1
TEL:076-231-7580
URL:石川県立美術館
 本展では、石川ゆかりの日本画家、洋画家による人物画作品を紹介します。
 日本画からは稲元実の《季節は終わりぬ》を紹介します。稲元は、昭和21年七尾市に生まれ、同44年武蔵野美術大学日本画科を卒業後、加藤東一に師事。日展を舞台に活躍し、家族をモデルとした私小説的な作品世界を展開します。作品に描かれるのは、メリーゴーランドに座る少年と、その母を思わせる女性。遊園地に母子といえば楽しげな取り合わせのはずですが、女性はうつむき、少年は無表情です。鑑賞者はこのアンバランスな取り合わせに物語を予感し、稲元の世界観に引き込まれていくのです。
 油彩画からは、遠田運雄の《鑑賞家》を紹介します。遠田は明治24年金沢市に生まれ、東京美術学校西洋画科に入学して岡田三郎助に師事。国民美術協会展や太平洋画会展に入選し、終戦後は京城帝国大学に講師として勤務します。大正15年帝展に初入選し、昭和4年に渡欧。同5年にはサロン・ドートンヌに入選し、同25年には日展審査委員長に就任します。その後は金沢大学教授、金沢美術工芸短期大学講師を務め、多くの後進を指導しました。《鑑賞家》からは、人物画における対象表現や空間描写のみならず人間の内面世界や心象風景をも追求した、遠田の直向な制作態度が伺えます。
 今回、優れた人物画の数々から、作品に宿る世界観や時代性、さらには時代を超えた人間描写の普遍性を鑑賞いただければと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る