「平山美知子展」平山郁夫シルクロード美術館

「平山美知子展」平山郁夫シルクロード美術館

名称:「平山美知子展」平山郁夫シルクロード美術館
開催期間:2020年10月26日(月)~12月27日(日)
場所:平山郁夫シルクロード美術館 展示室5
開館時間:10:00 〜 17:00 ( 入館16:30まで )
住所:〒408-0031山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
TEL:0551-32-0225
URL:平山郁夫シルクロード美術館
 当館名誉館長である平山美知子(1926年〜)は、平山郁夫の妻であり、長年、夫を献身的に支えながら共にシルクロードを駆け巡った同士でもあります。1947年に東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学し、同級生である平山郁夫と共に日本画の研鑽を深めました。同校卒業後は東京藝術大学の副手となり、1955年に平山郁夫との結婚を機に筆を折り、夫のサポートに回ります。これにより平山の画題も明確となり、シルクロードに関する数々の作品を発表し、画家として大きく飛躍しました。こうした平山の画家としての活躍の裏には、妻の存在は欠かせず、特にシルクロードでの準備や記録の多くは美知子によるもので、その傍らでは創作も行い、日本画をはじめ版画などの多彩な芸術活動を行っていました。
 本展では、平山美知子の「妻」として、そして「芸術家」としての一面に焦点を当て、妻としてのシルクロードの記録をはじめ、芸術家としての日本画や版画、アクセサリーなどの作品、特に自身の初となる絵本『インド、こんにちは』(1971年)に掲載された版画などを中心に展示します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る