「冨安由真展|漂泊する幻影」神奈川県民ホールギャラリー

「冨安由真展|漂泊する幻影」神奈川県民ホールギャラリー

名称:「冨安由真展|漂泊する幻影」神奈川県民ホールギャラリー
開催期間:2021年1月14日[木]〜31日[日]
開館時間:11時〜18時(入場は閉場の30分前まで)
休場:会期中無休
入場料:一般800円/学生・65歳以上500円/高校生以下無料
障がい者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料/10名以上の団体は100円引き
神奈川県民ホールギャラリ ー「大山エンリコイサム展 夜光雲」の有料チケットをお 持ちの方は 100 円引き
主催:KAAT神奈川芸術劇場
協賛:株式会社 資生堂
住所:〒231-0023神奈川県横浜市中区山下町3-1
TEL:045-662-5901
URL:神奈川県民ホールギャラリー

 現実と虚構の境目を捉える
 現代美術作家・冨安由真。
 劇場空間は無限迷宮へと変貌する。
 冨安は、絵画、インスタレーション、ビデオなどによる多様なメディアを用いて、不可視なものに対する知覚を鑑賞者に疑似的に体験させる作品を制作しています。通常ならば演者が存在する劇場という場所において、「不可視なもの・確かでない存在」をテーマとする冨安が初めて挑む劇場での新作インスタレーションです。
 作家により存在を取り払われた劇場は、日常と非日常、虚構と現実が交錯する無限迷宮へと変貌します。鑑賞者は、「此処」と「何処か」が絶えず交換し続ける境界面へと誘われてゆく中で、自らも気づかぬうちに、気配や予感を鋭敏に感受する受容体へと変貌してゆくことでしょう。 冨安の作品をさまよう中で体験する「曖昧なもの・不確かなもの」との遭遇は、自分と世界に対する認識を、一体どこへ運んでくれるでしょうか。
 刺激的であり、不思議とどこか懐かしさをも感じさせる冨安の作品世界をご体感ください。
冨安由真
 1983年東京都出身。2012年ロンドン芸術大学チェルシー・カレッジ・オブ・アーツ、ファインアート科修了。2017年東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻修了、博士号取得。不可視なものに対する知覚を鑑賞者に疑似的に体験させる作品を制作する。別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」(2015/大分)、中之条ビエンナーレ(2015/群馬)、などの多くの国際芸術祭において作品を発表し、高い評価を得ている。近年の主な個展として、「Making All Things Equal / The Sleepwalkers」(2019/ART FRONT GALLERY/東京)、「第12回shiseido art egg 冨安由真展: くりかえしみるゆめ Obsessed With Dreams」(2018/資生堂ギャラリー/東京)、「guest room 002 冨安由真:(不)在の部屋──隠れるものたちの気配」(2018/北九州市立美術館/福岡)など他多数。主な受賞歴として、第12回shiseido art egg入選(2018)、第21回岡本太郎現代芸術賞 特別賞受賞(2018)などがある。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る