「1960竣工 高度経済成長期を支えた貨物船」日本郵船歴史博物館

「1960竣工 高度経済成長期を支えた貨物船」日本郵船歴史博物館

名称:「1960竣工 高度経済成長期を支えた貨物船」日本郵船歴史博物館
開催期間:2020年10月17日(土)~2021年2月28日(日)
開館時間:10:00~17:00【最終入館16:30まで】
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)、
  年末年始、臨時休館日
住所:〒231-0002神奈川県横浜市中区海岸通3-9
TEL:045-211-1923
URL:日本郵船歴史博物館
 日本郵船は2020年に創業135周年を迎えました。創業当初から変わらずに活躍し続けている船といえば貨物船です。華やかな客船の陰に隠れがちですが、私たちの暮らしを支える、なくてはならない存在です。
 本展では、2020年に竣工から60年を迎える当社の貨物船を紹介します。1960年は、従来の貨物船だけでなく各種専用船が登場し始め、氷川丸引退による客船事業からの撤退という、まさに過渡期といえる頃でした。この年に竣工した船の航跡を辿ると、この時代ならではの船の役割や特徴が見えてきます。高度経済成長期に生まれ、地道に暮らしを支えた船たちについて振り返ります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る