特別展「板橋と光学vol.3 いたばし産のカメラたち」板橋区立郷土資料館

特別展「板橋と光学vol.3 いたばし産のカメラたち」板橋区立郷土資料館

名称:特別展「板橋と光学vol.3 いたばし産のカメラたち」板橋区立郷土資料館
開催期間:2020年12月12日(土曜日)から2021年3月21日(日曜日)まで
開館時間:午前9時30分から午後5時00分(入館は午後4時30分まで)

会場:2階企画・特別展示室休 館 日
月曜日:(祝祭日の場合は翌火曜日)
入館:無料
住所:〒175-0092東京都板橋区赤塚5-35-25
TEL:03-5998-0081
URL:板橋区立郷土資料館
 平成20年の「板橋と光学―フィルム発祥の地 光学王国―」、平成22年「板橋と光学vol.2-国産35ミリ一眼レフ誕生の地・板橋-」に続く光学の展示です。
 戦前の志村地域には、東京光学(現トプコン)をはじめとする光学兵器の製造工場が集まりました。そこでは、測量用のレンズや銃に付ける照準眼鏡が製造されました。戦後、それらの技術は双眼鏡やカメラのレンズ製造に転用されました。昭和40年頃には、日本の主要な精密機器出荷額の多くを板橋区が占め、戦後復興や高度経済成長を支えました。国外での光学機器生産が増えると、付加価値の高い光学機器の製造に切り替わりました。
 これらは、現在も「光学の板橋」として地域を支える重要な産業分野です。今回の展示では、“いたばし”におけるカメラの歴史を学び、光に関する技術やその面白さを紹介します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る