「MOMATコレクション特集:「今」とかけて何と解く?」東京国立近代美術館

「MOMATコレクション特集:「今」とかけて何と解く?」東京国立近代美術館

名称:「MOMATコレクション特集:「今」とかけて何と解く?」東京国立近代美術館
会期:2020年11月3日(火・祝)-2月23日(火・祝)
会場:東京国立近代美術館本館所蔵品ギャラリー(4F-2F)
開館時間:10:00-17:00 ※入館は閉館30分前まで
 金曜・土曜10:00-20:00
休室日:月曜日[ただし2020年11月23日、2021年1月11日は開館]、11月24日(火)、
  12月28日(月)~2021年1月1日(金・祝)、2021年1月12日(火)
住所:〒102-8322東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)
URL:東京国立近代美術館
  今期のMOMATコレクションでは9つの部屋を使い、特集「『今』とかけて何と解く?」を行います。コロナ禍の渦中にある「今」をふまえ、「なぞかけ」風にさまざまな角度から100年の美術を考えた9つの「解」をご用意しました。
 「なぞかけ」には、「解」に続く「落ち」がつきもの。個性表現とイズム、美術と国家、主体と客体や、作品と美術館などの関係に注目した「解」に、もし共通する「落ち」を探るとすれば、それは「距離が大事です」となるでしょうか。現象から距離を保ち現況を観察する、そうしたアーティストに特有の姿勢は、わたしたちが「今」を創造的に過ごすためのヒントとなりそうです。12室では岡﨑乾二郎がコロナの状況下で制作した新作もご紹介します。
 この他に、4階1室「ハイライト」ではおなじみの名品を、3階9室では今年没後20年を迎える写真家、鈴木清の「流れの歌」を、3階10室では前期(11月3日―12月20日)と後期(12月22日―2月23日)に分けて日本画を紹介します。2階ギャラリー4は男性彫刻の小企画です。どうぞごゆっくり、お楽しみください。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. 「文字を愛でる ―経典・文学・手紙から―」大和文華館
ページ上部へ戻る